スポンサーリンク




Raphaの「core winter tights」。シーズンオフのバイクウェア<No 1157>

Rapha 大阪

シーズンオフのバイクトレーニング

2020年からトライアスロンを始めました。

1月にロードバイクを購入し、10月にはトライアスロンレースに出場しています。

トライアスロン初心者のための、バイクの選び方<No 914>

大阪城トライアスロン初挑戦。40代から始める楽しさを報告<No 1096>

トライアスロンレースは春先から秋口までがシーズンです。

今の季節、冬場はオフシーズンとなります。

この冬の間に次のシーズンに向けての練習をしています。

スイム、バイク、ランニングのなかで、自分のウィークポイントを克服する。

あるいは、ストロングポイントを更に上げていく。

私はどれもまだまだなので、バイクとランニングを中心に練習し、筋力アップのために筋トレを始めました

このうち、ランニングと筋トレはジムでやれるのですが、バイクはジムでやれないので実際に屋外を走っています。
(バイクマシーンはありますが、加入しているコースは利用できません)

屋外を長時間走るとなると、ネックとなるのが寒さです。

特に、2020年12月から翌1月にかけての寒さは半端なく。

日中、10℃に満たない日も多くあります。

バイク練習の場合、ただ厚着すればいいというわけではありません。

走り始めは寒くても、運動量が上がってくると汗ばんできます。

上半身は上着を脱ぎ着すれば調整できますが、下半身は難しく。

シーズン中にずっと履いていたレーシングパンツは膝丈までなので、膝下が寒く。
(というより風邪ひきます)

これを補うために膝上までのタイツを購入しましたが、走っているうちに徐々にずれ落ちてしまうこと。

また、10℃以下だとどうしても冷えてしまうという問題がありました。

この「ずれ落ち」「防寒」対策のいいアイテムを見つけました。

<セミナー情報>

シーズンオフのバイクウェア

トライアスロンアイテムを取り扱うサイトだと、どうしてもシーズン中に使うアイテムがメインになります。

下半身に関しては、膝上までのタイツや(首からかけるタイプの)ビブショーツが主流です。

そこで視点を変えて、ロードバイクを取り扱うサイトを探したところ、足先までをカバーしたビブショーツを見つけることができました。

Rapha「Core winter tights」

私が見つけたのは、サイクリングウェアを扱うロンドンのブランドRaphaです。

Raphaは、amazonでの取り扱いはしていないので、直販か実店舗での購入になります。

Raphaのビブショーツは18,500円〜40,000円までとかなり価格に幅があります。

Raphaのビブショーツ

高価格帯は気温0℃以下の極寒にも耐えられる仕様になっているので、山岳地帯や雪道を走らない私は比較的安価なCore winter tightsにしました。

Core winter tights

0℃から10℃ぐらいであればこれ一枚で問題ありません。

0℃を下回ったり、日差しがなく風が強いときなどは、なかに薄手のタイツをもう一枚履けばいいでしょう。

1回めに履いたときは、気温5℃から10℃でまったく問題なく。

2回めは、気温5℃以下かつ海風がキツいことを予想して、薄手のタイツをなかに履いて行きました。

寒さはまったく問題なく、また汗ばむこともありませんでした。

Raphaのビブショーツの良いところは、

  • 裏起毛で暖かい
  • 肌さわりがいい
  • ストレッチが効いてサイクリングの邪魔にならない
  • 軽い
  • 汗抜けがいい

といったところです。

肩からかけるビブショーツをこれまで履いたことがなく、最初は肩の締め付けに違和感がありましたが。

気になるのは着た瞬間だけで、その後はまったく気になりません。

むしろ、ズボンのズレ落ちの心配がゼロで、さらに履いているだけで心地がよいのです。

Raphaの製品はどれもタイトフィットなので、他の服装に比べて風の抵抗が少なくなります。

気のせいかどうかはわかりませんが、速くなったような気にもなれます。

実際、パフォーマンスも以前に比べて良くなっています。

通常、私(身長179・体重63)はLサイズを選んでいますが、海外製なのでMかと思いきや、実際にフィットしたのはSサイズでした。

サイズに関してはネットではわからないので、実店舗行ってフィッティングすることをオススメします。

Rapha 大阪

Rapha 東京

トライアスロンウェアはどちらかというと派手なものが多いですが、Raphaは比較的シックなデザインが多く抵抗なく身につけることができます。

店舗はトライアスロンがアスリート系であるのに対して、Raphaの店舗はショップはセレクトショップのような雰囲気です。

<サービスメニュー>

<編集後記>
1月12日火曜日
4時00分起床後ルーティン
午前中、年末調整、個人住民税、確定申告の声掛け、iDeCoの掛け金変更問い合わせ
信金さんへ確定申告のご報告
午後、ブログを更新してからジムへ

スポンサーリンク