スポンサーリンク




RFIDでタグを読み取り。ユニクロで見た先端技術<No 606>

想定を超える速さ

先日の三連休、妻の実家への道中ユニクロへ寄りました。

購入したのは、

  • 靴下3足
  • Tシャツ3枚
  • エアリズムインナー2枚
  • 娘のトレーナー1枚
  • 妻のレギンス1枚

の合計10点です。

精算待ちの人が20名程いるのに対して、
稼働しているレジは7台ほどでした。

1名の精算を終えるのに、かかる時間が2分と見積もったとしても
20名終えるのに6分は待たなければならないはずです。

ところが、あれよあれよと列が短くなり、1分少々でレジに辿り着きました。

あまりに速く客がさばかれるのを見ても、
「要領がいいのだろう」くらいに思っていましたが、
理由は精算技術の向上にありました。

 

いつの間に?

レジの上に商品を入れたカゴを乗せると、
店員さんが品を取り出して並べます。

ここで、バーコードを読み取るのかと思いきや、まだ読み取りません。

変わりに2、3点の商品を揃えるような素振りを見せました。

その瞬間、店員さんの口から金額が告げられました。

こちらはまるで手品でも見せられたかのような感覚です。

最初から最後まで、カゴと商品しか触っておらず、
どこでどうやってスキャンしたのか全く気づかなかったからです。

気づかなかったというよりは、気づくはずもありません。

スキャンしていなかったのだから。

 

RFIDでタグを読み取り

ユニクロのレジで使っていたのは、
RFIDという非接触で読み書きできるシステムです。

これまでレジといえば、バーコードを読み取る機械が主流でしたが、
このRFIDであれば非接触型なので近づけるだけでデータを読み取ることができます。

ちなみに、こんな感じです。

 

ここでは物理的に接触しますが、本来は接触しなくても電波で読み取ることが出来ます。

 

 

スポンサーリンク

知らないことは何でも聞く

あっけにとられた私は店員さんに聞きました。

「どうやって精算したんですか??」と。

今回に限らず、街なかで疑問に思ったことは
何でもその場で聞くようになりました。

それもこれもこのブログのためです(^^)

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
4時30分起床後ルーティン
午前中、自分の経理、税務署に電話、ラン2キロ。
   帰宅後、シャワーを浴びてから記帳指導来客
午後から、ブログ執筆