スポンサーリンク




税理士試験合格テクニック。法人税法は「塗り絵」と思えばいい<No 66>

解く順番にこだわらない

  • 理論・理論・計算
  • 理論・計算・理論

法人税法の解答順もいろいろです。

自分は、理論・理論・計算でした。

理論を最後に残すと、それでなくても「読めない字」がさらに読めなくなるからでした。

2題の理論は45~50分ほどで書き上げました。

40分で2題書き上げる強者もいますが、50分かけても合格できます。

そして計算に移ります。

この時点で、残り70分。

計算問題をざっと見渡すと、「こりゃ解ききれるな」と思ってしまうのが本試験です。

 

 

計算の一巡目は慎重に

まずは写すだけの項目を慎重に転記します。

Aランクを落とすと命取りになるので、速さの中にも冷静さを忘れずに。

写すだけの項目が終わると、次に電卓が必要なAランクを最後まで取りにいきます。

これも落とすといけませんので、スピードは維持しつつも、「読んでもらう」意識を忘れずに。

 

 

二巡目をどこにいくかがポイント

セオリーどおりだと、次はBランクをがっつり解きにいってしまうところですが、
答えを合わせられる可能性はAランクより当然落ちます。

そしてがっつり時間を使ったために、Cランクを白紙で提出してしまう可能性があります。

これを回避するために、以下の通りに解答します。

  1. Bランク計算式のみ
  2. Cランク計算式のみ
  3. Bランク解答
  4. 残り10分で仮計以降、最終値まで書ききる
  5. Cランク、適当な数字を入れる 
  6. ケアレスミスのチェック

Bランク解答時に手が止まることがあります。

10秒止まったら勇気を出して次にいきましょう。

自分が解けない問題は、ほかの受験生も解けないと思っていいでしょう。

解ききれない税法科目の攻略は、「いかに多く書くか」です。

何も書かない時間を作ると、それだけで上位1割から遠のいてしまいます。

そして、残り10分は精神的にも肉体的にも限界にきているので、空白を「塗り絵」と思って書きなぐります。

自分は、この残り10分の空白部分をなくす作業が、合格に至ったと確信しています。

合わせられないB・Cランクは、算式自体に配点があります。

 

法人税法。

「塗り絵」と思えば、緊張感もなくなります。

<メルマガ「トライアスロン税理士の独立開業日誌」>
2022年10月1日スタート。毎日配信中。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<メルマガ「ひとり社長の仕事術」>
ご登録が一定の数に達した時点で配信開始します。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<You Tubeチャンネル「独立・開業コンサルタント 税理士 ユウジロウ」>
毎週金曜日、You Tubeで動画配信しています。
よろしければ、チャンネル登録お願いいたします。
こちらから

<サービスメニュー>

 

スポンサーリンク