スポンサーリンク




週末はロードバイク。習慣にして自分の時間を生きる<No 1367>

)大阪北摂ヒルクライムの道中。43号線の山のなか。

やりたいことは習慣にする

新しいことを始めたい、そして続けたいと思うのであれば習慣にするのがおすすめです。

毎日やるのも良し、曜日で決めるのも良し、時間で決めるのも良し。

昨日は、8月から習慣になっているYouTubeについてお伝えしました。

今日は、2021年から習慣になりつつあるロードバイクについてお伝えします。

週末はロードバイク。習慣にして自分の時間を生きる

これまでは、遠出をするのは仲間と一緒のときだけで、単独だと自宅周辺を10キロ程度走るのみでした。

春頃からトライアスロン仲間に誘われて、

  • 初心者は行っちゃいけない妙見山ヒルクライム
  • 大阪〜京都嵐山 峠越えの連発130キロ
  • 12キロにおよぶ激坂・六甲山ヒルクライム

等々。

ロードバイクで大阪〜京都嵐山〜亀岡周遊130キロの旅<No 1217>

2021年、逆瀬川〜六甲山ヒルクライム奮闘記<No 1243>

それが夏頃から、週末土日のどちらかをひとりで乗るようになりました。

街なかを走るのに慣れてきたのと、土地勘がついたのもあり。

ひとりのときは、ほぼほぼ、大阪北部の山々を目指します。

これまで登ったのは、

  • 勝尾寺
  • 多留美峠
  • 野間峠・東側
  • 堀越峠・東側
  • 堀越峠・西側

といったところ。

勝尾寺ヒルクライムに初挑戦。初心者にちょうどいい平均斜度5.8%<No 1106>

大阪北摂ヒルクライムVol3・野間峠 東側。トンネルを抜けたら展望カフェ<No 1338>

大阪北摂ライドVol2・堀越峠。初心者にやさしいけど油断は禁物<No 1325>

記録を目指すわけではなく。

長距離ライドで脚が温まったところで、ヒルクライム(激坂上り)で汗を流し、最後は自然に戯れながらのんびり帰ってくるといった感じです。

ヒルクライムだけだと辛いので、私の場合、

  • 展望カフェ
  • 美味しいスイーツ
  • ゆるポタ(ゆっくり長距離ライド)

を汗を流したあとのご褒美にしています。

ひとりで乗れる

長距離ライドをひとりで行けるかどうかの境目は。

  • 自分でパンク修理ができる
  • 自転車保険に入っている
  • ロードサービスが付いている
  • 地図が読める

といったところでしょうか。

パンクの修理は、You Tube動画がたくさんあがっているいるので、それを見ながら実践できます。

保険は、バイクを買ったらすぐに入りましょう。

仮に、パンクして自分で直せないときは、自転車保険のロードサービスに頼めば自宅まで送迎してくれます。

JAFのロードバイク版のような感じです。

地図読みが苦手なら、

  • 事前に曲がるポイントをスマホにメモしておいて、信号待ちで見る
  • Google MAPで事前にコースづくり
  • Bluetoothでイヤホンとつないで音声案内してもらう

のもいいでしょう。

スマホ1台あれば、ほぼほぼ大丈夫です。

峠越えの山頂付近で、まれに電波が届かないときがありますが、そんなときは少し下れば繋がります。

バイクが壊れ、スマホも繋がらないときは、歩いて誰かに助けを求めればいいわけで。

ヒルクライムコースになっている峠だと、誰かしらロードバイクで通るので、声をかければ助けてもらえるでしょう。

サンディエゴから車でメキシコへ渡ったとき、パスポートを自宅に忘れ、メキシコ側の国境でひとり仲間の帰還を待ちわびた心細さに比べたらなんてことはありません。
(アメリカからメキシコへはパスポートなしで渡れので)

やはり、仲間についていくと、いつまで経っても道を覚えません。

ひとりで乗りだした途端に、道を覚えるようになります。

  • 〇〇の交差点を右折
  • 〇〇号線から〇〇号線に入る

などは、人の後ろについていると考えないので記憶に定着しないのでしょう。

あと、2年近く乗ってパンクは1度もしていません。

とはいえ、2,000キロで1度タイヤとチューブを交換しています。

今、3,500キロなので、次は4,000キロが交換の時期かなと。

バイクの乗り方にもよるのでしょうが、同じアスファルトでも荒いところを通るか、避けて通るかでタイヤの摩耗は変わります。

そうした道を体重かけたまま通るとパンクしやすく。

大事に乗っていれば、そうそうパンクするものではありません。

考えかた次第で習慣になる

ヒルクライムがただ辛いと感じるのなら、習慣にはならないのでしょうが。

やはり、好きなことだと習慣になりやすいものです。

  • ロードバイクが速くなる
  • トライアスロンに強くなる
  • 健康にいい
  • カラダが丈夫になる
  • 休みの日を有意義に過ごせる
  • 知らない峠を発見する

といったことが念頭にあると続けやすく、習慣になりやすいものです。

<編集後記>
11月24日水曜日
22時25分〜23時34分までルーティンを前倒しで。
5時55分起床
年末調整をぼちぼちスタート、月次支援金対応、お客さまの任意後見契約の段取り。
ジムでトレーニング&ラン5キロ。
午後、昼寝をしてからブログ更新。

スポンサーリンク