スポンサーリンク




Evernoteへのスキャナー保存が遅いと感じたら。<No 111>

 <サーバトラブルについて>

サーバトラブルにより過去記事の画像が一部消失しご不便おかけしております。

kimg0788

Evernoteへのスキャナー保存が遅くて困ったら

クラウドでのデータ管理は主に、

  • Dropbox
  • Evernote

この二つをメインに利用しています。

まず、ビジネス上のデータのうち、利用頻度の高いものだけを抽出してDropboxで管理し、

それ以外のデータは、PCと外付けHD(ハードディスク)で二元管理しています。

ですので、Dropboxは無料の2ギガでおさまるようにしています。

 

一方、Evernoteでは、

  • 読書メモ
  • 雑誌メモ
  • スクラップ記事
  • 論文の参考・引用文献情報
  • PCやソフトのhow to
  • プライベートの紙(税金、保険、通信、カード)
  • 取扱説明書
  • 年賀状
  • 名刺
  • パンフレット

など、主にプライベートで出た紙ベースの情報を、クラウドで管理し、

紙そのものを処分するために利用しています。

Evernoteは現在、有料のプレミアム版を利用しています。

ここ最近、頻度の高い利用方法は、Evernoteへの「手書き読書メモ保存」です。

私の場合、複合機(ブラザー工業 MFC-J5820DN)でスキャンした書類を、

直接Evernoteにアクセスすることができるので、パソコンを立ち上げる必要も

ありません。

しかし、紙5枚程度のデータならそれほど重たくならないのですが、

10枚を超えるとかなり「つらそうで」送信完了まで1分以上かかることもあります。

単独でのスキャンであれば、問題ないのですが、紙の大量整理など続けて作業をするときには、

この1分程度の「待ち時間」がかなりのタイムロスに感じられます。

 

PCからのデータ送信が早い

 

便利だと思っていたことが、意外と便利でないこともある

 

もともと、この複合機に備え付けられたクラウドの連携機能は便利なので、

当たり前のように使っていたのですが、このタイムロスを回避できる方法がないものかと

考えました。

そこで、これまでは、

  • 複合機でスキャン → Evernote(長ければ1回1分以上)

これを変更して、

  • 複合機でスキャン → PC本体(数秒) → Evernote(ほぼ0秒)

PC本体からEvernoteへの送信は、移動したいファイルを選択し、

右クリックで「送る」を選択すると、Evernoteのアイコンが表示されます。

(Evernoteが、インストールされていることが前提です。)

そのアイコンをクリックすると、自動的にEvernoteに保存されます。

(Evernoteを立ち上げていないと、Evernoteの初期画面が表示されます。)

この方法だと、「意識する待ち時間」はほぼゼロで、ストレスもありません。

 

送信先データの保存場所は指定できる

 

Evernoteにデータを送信すると、送ったデータがどこにあるのかわからないことがあります。

この場合、Evernoteをすでに起動していて、何らかのノートブック (ノートの集合体)又はスタック(ノートブックの集合体)

を選択していれば、そこに保存されます。

どこも選択していなければ、「既定のノートブック」に保存されます。

2016-10-03

既定のノートブックには、ノートブックの先頭にマーク(チューリップのような)が表示されます。

上記であれば、「読書メモ by メディアマーカー」の先頭に表示されています。

これを変更する場合には、新たに「既定のノートブック」にしたいノートブックを選択し、

右クリックすると、「ノートブックのプロバティ」が表示されます。

 

2016-10-03-1

ここで、「これを既定のノートブックにする」をチェックして完了です。

 

既定のノートブックがどこにあるのかわからない場合

 

スタック(ノートブックの集合体)を使用していれば、

「既定のノートブック」が一目でわかりません。

そんなときには、「ツール」→「オプション」→「クリップ」を選択します。

2016-10-03-2

そこで、「クリップの保存先」を見ると、現在の設定がわかります。

(上記では「読書メモ by メディアマーカー」)

ここでも設定の変更は可能です。

 

人に説明できるようになって、はじめて理解できている

Evernoteを使い始めてから、使い方を誰かに教わったこともなく、

日々使用しながら覚えています。

ですので、自分が出来たことを本当に理解しているのかと言えば、そうでもないです。

今回は、ほとんどのことは既に理解していましたが、中にはこのブログの執筆中に

覚えたこともあります。

自分で実際に操作し、文章にすることによって自分のものにすることが出来ました。

ブログを書くことによって、既存の知識がより深いものとなり、また、新しい知識が吸収できます。

 


 

<編集後記>
土曜日は保育所の運動会。
日曜日、早朝の会話
私「今日の予定は?」
妻「車を買いに行こう!」
私「えっ!!!?」

 

<一日一新>
人生はじめての車購入 アクセラスポーツ 15S PROACTIVE エターナルブルーマイカ 


 

[ad#ads1]

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク