スポンサーリンク




Evernoteのセキュリティーが気になるなら。2段階認証を設定する<No 183>

Evernote プラン

)Evernoteのプラン

Evernote活用術はまだまだある

Evernoteを使い始めたのが2015年の夏なので、もうかれこれ1年半も利用しています。

使い方も変わりつつあります。

  1. 論文執筆の補助
  2. ペーパーレス化のための文書保存
  3. ブログ執筆の補助
  4. 税理士業務

ソフトやITツールは、ある程度使うとだいたいの機能が理解出来てそのうち利用価値の限界が見えてくるものなのですが、Evernoteについては今のところ全く限界が見えて来ません。

私自身が、まだまだ使いこなせていないからなのでしょう。

<セミナー情報>

セキュリティーが気になるなら二段階認証

2017年の1月24日現在で、ノートの数が、個人で1,115、ビジネスで1,866になりました。

これだけ増えると、セキュリティーも気になります。

通常サイトにログインするには、

  • メールかユーザ名
  • パスワード

が必要です。

しかし、これらのデータが何かの拍子に盗まれることもあり得る話です。

そこで、Evernoteはすべてのサービスに2段階認証を提供しています。

2段階認証は、通常のログインをしようとすると、自分の設定した携帯端末に「確認コード」を送信します。

この確認コードを入力することによってログインすることが可能になります。

設定方法は、

  1. Evernoteにログイン
  2. 「ツール」→「アカウント情報」→「アカウント」で自分のアカウントが表示され
  3. ここで「セキュリティ概要」を選択
  4. 「2段階認証」の隣にある「有効化」をクリックし携帯端末の番号を登録

 登録すると、その後、Evernoteにログインしようとするたびに

 次のメッセージが出ます。

自分の携帯端末に送信されたメッセージに「確認コード」

が記載されているので、これを入力すると、Evernoteにログイン出来るようになります。

<サービスメニュー>

リスクマネジメントは常に考える

これまで、日本の金融機関ですら、セキュリティーに大規模な不具合がないのですから、アメリカ最先端のIT企業なら、なおさら大丈夫だろう思っていました。

しかし、念には念を。

このようなサービスがあるのなら使わない手はありません。

リスクマネジメントは常に考えます。

<編集後記>

早朝、ルーティン
午前中、e-taxで法定調書合計表を送信、読書。
午後から、生命保険一般課程試験受験。
夕食後、子供と風呂、そしてブログ更新

スポンサーリンク