スポンサーリンク




Evernoteが技術承継を可能にする。中小企業の離職率に歯止めをかける<No 72>

 <サーバトラブルについて>

サーバトラブルにより過去記事の画像が一部消失しご不便おかけしております。

技術は「上司から盗んで覚えろ」と言われる業界はまだまだ多い

20年前に私が勤めた企業でも、ひとたび現場に出れば、

頼れるのは、わずかな知識とつたない営業トークだけでした。

飛び込み営業に始まり、商談が成立すれば、機材の搬入及び

設置、音響設備の配線処理、既存店の故障によるアフターサービス

は毎日深夜までおよびました。

ネオン街をスーツ姿に工具箱を片手に台車を押していました。

技術チームは存在せずに、営業マンが3役、4役をなすことで、

利益を確保する商業スタイルは、時代の波に乗れたこともあり、

組織ばかり大きくなりました。

 

平均勤続年数三年半が労働条件を物語る

社内での営業ノルマに加え、連日のアフターサービスが精神的に追い詰めます。

アフターサービス=クレーム

本来、カラオケでお客様をもてなすはずの社交場が、

機械の故障で、静まり返っています。

そこから始まる、アフターサービス。

お店のお客様の怒りが、店舗の経営者を通じて、

我々営業に降りかかります。

当然と言えば、当然のことなのですが、

当時の業界は、「通信カラオケ」が出始めた

ばかりの時代でした。

どの企業もこぞって商品開発し、

我先にと市場に導入するのですが、

メーカー機能のない卸売がほとんどなので、

商品はほぼ見切り発車の状態でした。

当然、不具合も多く、現在の「アプリ」の

バージョンアップと同様に、市場に出して

「走りながら考える」という会社のスタンスでした。

当然、離職率も高く、当時の平均勤続年数は3年半でした・・

 

そのころの頼みの綱は、出始めた携帯電話です。

一人場違いな「夜の社交場」での作業は厳しく、

携帯電話を片手に、あぶら汗にまみれて、先輩社員に

泣きながら機械の状況を説明し、慣れない手つきで

機械を修理しました。

(その先輩社員自身も、アフターの最中なのですが・・)

あの頃、Evernoteがあれば…

 

Evernoteで全社レベルの情報共有が可能になる

現場での情報共有と作業効率化

先輩、上司の商品知識や顧客情報は、彼らの頭の中にあります。

組織は、個人所有の情報を見える化して、組織として全社員が情報共有する必要があります。

Evernoteに

  • 商品情報
  • 顧客情報
  • 故障事例に関する修繕方法

があれば、現場での社員の負担を大幅に軽減することが可能になります。

 

IMG_1938 IMG_1937

Evernoteが営業サポート

営業活動、商談内容、見込み案件などの日報による報告を、

紙や人の頭で管理している組織はがまだまだあります。

Evernoteであれば、時間や場所を問わない情報共有が実現します。

一つの案件に対しての情報を、複数の人間が閲覧することができ、

より良いサポートを得ることが可能になります。

  • 会社の情報を誰でも見れる
  • 会議せずに、一つのノート上で話し合いができる
  • チャットで知らせる、リンクをはる
  • コンテキストがアシストする
  • 参加者が増える
IMG_1940

 

Evernoteの営業活動のようになってますね。笑

周りまわって、自分にも良い情報が来ることを願っています。

 

[ad#ads1]

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク




1 個のコメント