スポンサーリンク




M1チップ24インチiMacレビュー。2度の返品でもまた買うか?<No 1299>

)返品予定のiMac

あえなく2度めの返品

2020年、AppleオリジナルM1チップ搭載のノートパソコンが発売されました。

「速い」という巷の声に思わずポチりそうになりましたが、同年6月に旧型(intelチップ)のMacBook Airをすでに購入していた私は見送ることに。

翌2021年、今度はデスクトップ型のiMacもM1チップを搭載。

さらに、新色ラインナップで発売。

6月3日購入し、7月12日に届きました。

挑戦せずして失敗はない、失敗せずして成功はない。挑戦に必要なこと<No 1278>

しかし、まさかに初期不良。

電話サポートでも治らず、あえなく返品することに。

めげずに2度めのiMacを7月に購入。

8月12日に届いたのですが、前回と同じくネットに繋がらず。

今回は、チャットサポートでネットに繋がりました。

そして昨日、これからiMacを堪能しようとしていたところ、突然電源が落ち、その後チャットサポートで対応してもらいましたが復旧せず、2度めの返品となりました。

短い間でしたがiMacを使って数日過ごすことができたので良しとします。

M1チップiMacを使った感想をレビューをします。

M1チップ24インチiMacレビュー。2度の返品でもまた買うか?

大きさ

MacBook Pro・MacBook Airとこれまでずっとノートパソコンだったので、24インチは圧巻のデカさです。

ただ、1つのことをするには大きすぎるので、2つの作業を同時に表示させると最大化状態となり、そこで作業すると2つの画面をスムーズに行き交うことができず。

これは、iMacの大きさが原因というよりも、デュアルモニターで慣れていた私に原因があります。

おそらく、スムーズな切り替えはできるのでしょう。

カラー

M1チップiMacは7色から選べます。

これがあったから買ったといっても過言ではありません。

色はディスプレイだけでなく、キーボード・トラックパッド・ケーブルまで同じ色で統一されています。

この辺りは他メーカーにはないポイントかなと。

Google Homeやティッシュケースと同じオレンジで統一できかなり気に入っていました。

今回、返品後にMIチップのMacBook Airを買うつもりでしたが、色が従来の3色しかなかったので断念しました。

ビジュアル

4.5K Retinaディスプレイは、今いる場所の光に合わせて色を自動調整する機能がついています。

このおかげで、日当たりが悪い雨の日でも常時キレイに映っていました。

この点は、従来のノートよりも格段に勝るところですが、逆にいうと、私が感じたM1iMacのメリットはこれくらいかなと。

もちろん、他にもたくさんあるのでしょうが、素人めにはハッキリとした格差は感じられず。

速さ

「速い」と聞いていたM1チップiMac。

数日使ってみましたが、正直なところ旧MacBook Airとそれほど大きな差は感じませんでした。

まぁ、動画編集や大容量食う作業をすれば、また違うのでしょう。

チップの違いよりも、Wi-Fiなどネット環境の方がパソコンの動きに影響するのかなと。

自宅のネットを強くするなら「ルーター増設」か「中継機」か<No 1241>

WiFi 2.4GHzと5GHzの使い分け。中継機でWiFiが繋がらないときの対処法<No 1248>

ルーター増設なり中継機なりでWi-Fiは強くしておきましょう。

チャットサポート

これまで、パソコンのトラブルといえば自分でググって解決する一択でした。

今回は、新品不良ということもあったのでAppleの電話やチャットサポートにお願いしました。

1回目は、ネットに繋がらない不具合。

電話サポートで治らずに返品。

2回目も同じ症状でしたが、チャットサポートにお願いしたら治りました。

その後、電源トラブルはチャットサポートでも治らずに2度めの返品。

Appleのサポートは電話もチャットもかなり丁寧ですし、しっかりやってくれます。

ただ、同じ症状で電話だと治らなかったのが、チャットだと治ったという点を考えると、担当する人によってスキルも違うのかなと。

この辺りはどの仕事にも言えるので致し方ないでしょう。

個人的には、電話よりもチャットの方が落ち着いてやり取りできるので安心です。

チャットだと、文字のやり取りをダウンロードフォルダに残せるので、あとで確認しながら再チャレンジすることもできます。

20分くらいに感じたやり取りが終わって表示を見ると60分も経っていました。

今後も、iMacを買うか?

精密機械は故障しやすいものです。

Apple製品だと時代の先端をいく技術が搭載されているのでなおさらでしょう。

故障した製品を次も買うかどうかは、サポート体制によりけりです。

サポートに満足すれば次も買いますし、満足しなければ違うメーカーを選びます。

幸い、Appleのサポートは良かったので、今後もApple製品は買う予定です。

では、iMacはどうか?

  • 2度続けて初期不良
  • ビジュアルの良さ以外のメリットはあまり感じられず
  • 梱包箱の置き場所に困る
  • チャットサポートで1時間近く
  • 返品電話対応に1時間近く
  • 返品の梱包に1時間近く(二度目は38分)セロハンなど貼り直しが大変

以上の理由でiMacは当分買わないかなと。

特に箱の置き場所に困るのと、返品・修理時の梱包が大変なのがネックかなと。

ノートだとこの2つのデメリットがないので。

M1ノートのカラーバリエーションが増えるまで待つとします。

<編集後記>
8月16日月曜日
5時40分起床後ルーティン
午前中、お客さまの決算(法人)、Raphaキャップ購入、ブログメンテナンス
午後からブログ更新。

ブログを書き終えてからジムへ行こうとしたところでiMac故障。

ジムへ行けずランもできず。

スポンサーリンク