スポンサーリンク




メッセージボックスのセキュリティー強化対策。JDLで「申告のお知らせ」転送を一括登録<No 670>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

)メッセージボックス

 

 

「セキュリティー強化」、はじまる

勤務時代、どこの事務所でもお客様情報の管理は徹底されておらず、

  • 消費税は本則か簡易か?
  • 振替納税の適用はあるのか?
  • 青色の届けはいつ出したか?

行き当たりばったり、かつ、その場しのぎで対応していました。

このブログを読んでいる方なら、
「メッセージボックス見りゃい〜じゃん」となるのでしょうが、
この業界、まだまだ情報が遮断された離れ小島で孤軍奮闘されている方も多いでしょう。

実際、私がメッセージボックスをキチンと管理できるようになったのも独立してからです。

恐らくこの記事を書いたときに知ったのでしょう。

 

2018年3月の記事なので、なかなかの遅れっぷりです。
(サービスがいつから開始されたかは知りませんが)

ちょうど、2017年分の申告時期だったので、大いに活用させていただきました。

ところが、2019年の1月からメッセージボックスを閲覧するには、
お客様のマイナンバーカードが必要になるという事態となりました。

 

 

これを受けて、これまでほとんどの作業を税理士側で進めてきた手続きを、
お客様の手を煩わせることになり、ヤキモキした年末年始を過ごしていました。

 

 

セキュリティー強化対策

2019年1月以降、メッセージボックスの様式が変更されています。

これまで通り「利用者識別番号」と「暗証番号」でログインする方法に、
マイナンバーでログインする方法が加えられました。

 

第一関門はこれまで通りの「利用者識別番号」と「暗証番号」でログインできるのですが、
この後が厄介になりました。

お客様のマイナンバーがなければ、一部のメッセージを見ることができないからです。

 

「確認画面」から中へ入っていくと、これまでなかった鍵マークが付いています。

鍵マークのある内容はクリックしても反応せず、なかの表示を見ることはできません。

 

鍵マークのある内容を見るには、お客様のマイナンバーが必要です。

しかし、お客様のマイナンバーをその都度お預かりするにはセキュリティー上現実的ではありません。

これを受けて、国税庁が代案をを提示してくれました。

 

代案は、「納税者が自身のe-TaxのID・パスワードを使ってe-Taxにログインし、
転送先に指定したい税理士等のe-TaxのID等を入力していただいた上で・・」
と、これまた現実的ではありません。

そんなこんなで、「なら、自分でしっかり管理するか」と諦めていたところ、
年明け、これらの作業を税務ソフト会社が対応してくれることがわかりました。

 

JDLで「申告のお知らせ」転送を一括登録

「電子申告システム」から入ります。

 

 

中に入ったら、画面右上にある「初期設定」を選びます。

 

そのなかにある「委任関係の登録(国税)」を選びます。

 

 

ここで「税理士選択」から自分を選択すると、「名称」「利用者識別番号」が表示されます。

表示された「確認」を押して次に進みます。

 

 

ここでお客様を指定します。

 

 

利用者識別番号と暗証番号が表示されているか確認します。

表示されていなければ、「納税者情報登録」から不足事項を入力していきます。

 

すべての項目を入力したら「実行」を選んで次に進みます。

この表示が出てきたら、JDL内ではなくプラウザからメッセージボックスに入って
「納税用確認番号」を登録します。

 

 

ここからです。(JDL内で散々探しました💦)

後、税理士カナ氏名も抜けていたので、ここで登録しました。

 

無事に終わると、「正常終了」と表示されます。

 

JDLから離れて、プラウザから自身のメッセージボックスに入ると、
「委任関係の登録依頼通知」が届いているのがわかります。

 

メッセージを閲覧するには、税理士本人のマイナンバーカードが必要です。

マイナンバーとICカードリーダライタをセットしたら、一つ前の画面に戻って認証します。

再度、メッセージボックスの中に入ると、鍵マークが取れて閲覧可能になりました。

 

このあと、メインメニューの下にある「委任関係の確認・承認・解除」を選択します。

 

 

そこで、「承認」にチェックマークを入れたら完了です。

 

 

これで、2019年1月18日以降、お客様宛に送られてくる「申告のお知らせ」を閲覧することができます。

 

<編集後記>
3時45分起床後ルーティン
午前中、年末調整、e-TaxとeLTAXで届け出、ジョギング
午後から、ブログ執筆

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク