スポンサーリンク




Outlook×Evernote。Outlookクリッパーで大切なメールを管理する<No 147>

できなかったPCメール管理

PCメールを使っていると、メールの数は増えるばかりです。

Outlookでは、受信メールを相手先別に保存しているので、メールの内容をカテゴリー別にわけることが出来ません。

IDやパスワードが記載されたものや、大事なメールは、Outlookにそのまま保存していると、埋もれてしまうことがあります。

プライベートとビジネスで同じメールアドレスを使っていれば、なおさらです。

何かいい方法がないかと思っていたところ、Evernoteが解決してくれました。

OutlookクリッパーでメールをEvernoteに保存する

PCにOutlookの2010か2013が入っていれば、Evernoteをインストールした段階で、

自動的に「Outlookクリッパー」もインストールされます。

Evernoteに保存したいメールを選択して、右上の「Evernoteに保存」をクリックすると、
確認の画面が出てきます。

右クリックでも出来ます。

ここで、Evernote内のどのノートブックに保存するかを選択します。

選択が終わり、「保存」をクリックすれば完了です。

「Evernoteに保存」のアイコンが無くなったら

たまにOutlook上で、「Evernoteに保存」のアイコンが無くなることがあります。

この場合、設定が無効になっているので、

「ファイル」-「オプション」-「アドイン」を選択し、その後一番下にある「設定」を選択します。

ここで、「Evernote Outlook Contact Connecter」のチェックボックスにチェックを入れます。

これで、「Evernoteに保存」のアイコンが出てきます。

掛け合わせると相乗効果が生まれる

メールはメールで便利なツールですが、その管理についてはうまく機能していませんでした。

今回、Evernoteに保存出来るようになり、外出先のスマートフォンでも確認出来るようになりました。

なにかとなにかを掛け合わせることによって、1+1が2以上になります。

スポンサーリンク




1 個のコメント