スポンサーリンク




税理士になる法。高給で激務か、勉強できる薄給か、折衷案か<No 1185>

税理士になる 大学院受験

)税理士になる法

人参は自ら見つける

戦後、企業が若い人材を薄給で雇用できたのは、終身雇用や退職金制度があったからで、
いずれもなくなった今となっては、薄給でも我慢するメリットは薄れつつあります。

税理士業界は、若い人材を薄給で育てる、いわゆる丁稚奉公的な雇用が主流でした。

終身雇用や退職金はない代わりに、かつて暖簾分けというゴールがありました。

今は、暖簾分けの機会も減りつつあるので、ぶら下がる人参はいずれもありません。

さらに、長期に渡る受験生活、不透明な合格基準など困難な材料が行く手を阻みます。

これから税理士を目指す方にとっては、どこに夢を描いていいのかわからず、魅力が薄れているのは受験者数からもわかります。

加えて、どの道を通っていけばいいのか不安な方もおられるでしょう。

税理士になる法。高給で激務か、勉強できる薄給か、折衷案か

平均受験期間7年の意味合い

スポンサーリンク




税理士になる 大学院受験