スポンサーリンク




自宅仕事アイテム。独立する前に揃えておきたいモノ<No 1295>

)仕事部屋

効率&モチベーションUP

コロナ以降、テレワークされる方が多くなりました。

勤務先の指示で通勤に戻った人、テレワーク維持の人、はたまたこれを機に独立された人もいらっしゃるでしょう。

自宅で仕事をする場合、環境を整えておくのとおかないのでは、仕事の効率が違ってきます。

好きなモノで囲まれるとモチベーションも高まります。

改めて、自宅で仕事をするなら揃えておきたいモノを確認してみます。

独立する前に揃えておきたいモノ

パソコン

自宅で仕事ができるということは、パソコンを使う仕事が多いでしょう。

独立したら自分でパソコンを用意しなければいけません。

手持ちのパソコンでもいいですが、2年以上前の機種であれば、新調されることをオススメします。

パソコンは日進月歩で新機種が発売されていますし、使っているうちに遅くなるものです。

パソコンの動きで仕事のパフォーマンスが左右されるくらいです。

勤務の人でも、会社から貸与されたパソコンが旧型なら新調しましょう。

パソコンを新調する場合、Windows一択のかたもおられるでしょうが、Macを選択肢に入れるのも良いかなと。

利用するソフトの縛りがないならMacをオススメします。

Macは使ったことがない人でも、電源を入れたらすぐに使えるくらい使いやすいものです。

Macを使ったことがなくても、iPhoneを使っている方は多いでしょう。

iPhoneを初めて手にとったとき、分厚い説明書をイチから読んだ方はいないはず。

Macも同じです。

MacBook ProからAirへ。グレードダウンでも性能・使い心地アップ<No 1019>

Macレポート。MacBook Proを7ヶ月使用して感じたこと<No 483>

WindowsとMacを併用していますが、できることならずっとMacを触っていたいくらいです。

Macのノートにはマウスがありません。

代わりにトラックパッドが付いています。

マウスがないと、移動時に運ぶアイテムが一つ減らせるのもメリットです。

モニター

ノートパソコン1台だと、画面が一つしかありません。

プライベートなら問題ありませんが、仕事だと効率的ではありません。

ソフトやWebプラウザを使うたびに切り替えなければいけないので。

その点、モニター1台を追加すれば、

  • Webプラウザ
  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • PDF
  • メールソフト

を2つの画面で見比べながら仕事を進めることができます。

私は画面が2つあるモニターを追加し、パソコンの画面と合わせて3つの画面がありますが、全部使うことはほとんどないので2つで十分でしょう。

組み合わせのパターンとしては、

  • Web+Excelスケジュール帳
  • ブログ(Web)+Web
  • メール+Excelスケジュール帳
  • Web+Web

が頻度として多いです。

2016年の独立したときに買ったモニターは今でも動いています。

マルチディスプレイでPC業務の効率化。メモ書きの時間を短縮できる<No 116>

難しい機能がないので、ほとんど潰れません。

アダプタ

パソコンの映像をモニターに写すにはケーブルと変換アダプタが必要です。

ケーブルは旧式のモニターならVGA、新しいのであればHDMIがついています。

両方ついていることもあります。

Macとつなぐ場合だと、VGAならこちらのアダプタが必要です。

USB-C VGA Multiportアダプタ

HDMI用もあります。

VGAとHDMIで一つ選ぶなら、画像のキレイなHDMIです。

Amazonで安いのも売っていますが、Appleの純正の方が潰れないですし、不具合もありません。

購入は、AppleでもAmazonでもメリカリでも。

Windowsだと機種によって異なります。

このあたりは、パソコン購入時、事前に調べておきましょう。

不安なら、ヨドバシなどの家電量販店で聞くのがベストです。

マウス

マウスが必要な場合、従来型の有線だとパソコンまわりがごちゃつきます。

モニターを付けると、HDMIや電源ケーブル✕2(パソコン・モニター)が増えるますし。

できる限り、視界に入るモノは減らしたいところです。

そこで、ケーブルなしのワイヤレスマウスをおすすめします。

私が利用しているのは、LogicoolのワイヤレスマウスM570です。

Logicool Wireless トラックボール M570t。抜群の心地良さでストレスゼロに<No 273>

2017年に購入しましたが未だに現役です。

Mac利用時には使いませんが、Windowsを使うときには欠かせません。

4年も経てば最新モデルは出ているでしょう。

ワイヤレスマウスだとゲーミングマウスもオススメです。

AIスピーカー

文章を考えるような集中力が必要なことは無音のほうがはかどります。

通常の仕事であれば、私は音楽があった方がはかどります。

スマートフォンで音楽をかけることはできますが、バッテリーの消耗が激しいのでオススメしません。

パソコンで購入した楽曲を聞いたり、YouTubeやSpotifyを聞くのもいいですが、音楽をかける分だけパソコンの容量をくうことなり、メインの作業に差し支えます。
(高性能パソコンなら問題ないでしょうが)

そういう意味で、音楽はそれ専用のアイテムを使った方がいいでしょう。

備え付けのオーディオがあればそれで十分ですが、ない場合や、これから買い直すならAIスピーカーがオススメです。

何十万円もするオーディオには叶いませんが、1万円程度で聴ける音質としては十分です。

  • LINE CLOVA
  • Google Nest
  • Amazon Echo

各社、音声だけのものと音声+動画が見られるものが揃っています。

私は動画があると見入ってしまうので音声だけのものを使っています。

Google Home Miniで「AI」を体感。「OK、Google!」でリビングに家族が集まる<No 498>

Amazon Echo Spot 購入からひと月経過。家族も楽しんでくれる前向きな投資<No 579>

Scanner(スキャナー)

これからの時代、紙よりペーパーレスでしょう。
(本は紙で読んでますが)

ペーパーレス化するならスキャナーが必要です。

手持ちの複合機にスキャナー機能が付いていれば、それでもいいですが。

独立したのなら気分一新、揃えておきたいアイテムです。

私は独立直後にハンディタイプを。

ScanSnap iX1500とiX100の比較。ポイントは「外で使うか否か」だけじゃない<No 1130>

そして、去年、据え置きタイプを導入しました。

ハンディタイプは、トレーがないので、手動で一枚ずつ流さないといけません。

据え置きだと、一度セットしたら後は自動で流れてくれます。

持ち運びするかと一台目にハンディを買いましたが、ビジネスバックだと意外とかさばるので外へ持ち運ぶことはありませんでした。

今、一台目を買うなら据え置きタイプです。

大は小を兼ねるということで。

ヘッドセット

オンラインミーティング用に一つ揃えておきましょう。

  • スッキリしたいなら線のない無線タイプ
  • 不具合解消したいなら有線タイプ

AFTERSHOKZ。耳を塞がない骨伝導ヘッドホン買うならどれ?<No 1294>

テーブル

広めのテーブルがあれば仕事がはかどります。

IKEAのテーブルで自宅をテレワーク仕様にリニューアル<No 1006>

パソコンから

自宅で仕事をすると決まったら、まずは新調すべきはパソコンでしょう。

とはいえ、安い買い物でないので。

手頃なアイテムから揃えていくのも一つでしょう。

<編集後記>
8月10日火曜日
4時20分起床後ルーティン
午前中、月次支援金対応、オンラインミーティング準備、中間決算。
病院へ行ったものの待合が密で断念。帰ってきました。
午後からブログ更新。

<メルマガ「トライアスロン税理士の独立開業日誌」>
2022年10月1日スタート。毎日配信中。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<メルマガ「ひとり社長の仕事術」>
ご登録が一定の数に達した時点で配信開始します。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<You Tubeチャンネル「独立・開業コンサルタント 税理士 ユウジロウ」>
毎週金曜日、You Tubeで動画配信しています。
よろしければ、チャンネル登録お願いいたします。
こちらから

<サービスメニュー>

 

スポンサーリンク